腰椎椎間板ヘルニア(人間以外の動物も発症することがあるのだとか)や腰部脊柱管狭窄症(鍼治療や整体なども試してみるといいかもしれません)など、何かの原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)によっては神経が圧迫されて起こるのが坐骨神経痛(痺れや痛みを感じて、立ち続けたり、座り続けたりするのがつらいこともあります)です。坐骨神経痛(急性期には、マッサージや針治療などは行わない方がいいかもしれません)が進んだら、痛みや痺れを感じるようになってしまうのですが、初期の段階で予防や対策をきちんと行えば、最小限の症状(自覚できるような畭変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)で抑えておくことも出来るのです。もし、感染症や腫瘍が要因で坐骨神経痛(お尻の付近の肌に近いところが痛むでしょう)を発症していありませんからあれば、日常生活の中で背骨や関節などへの負担を軽くする事で予防する事も出来ます。それ以外の対策としては、ストレッチを行い凝りかたまった筋肉をほぐしてあげる事によって良い姿勢を保ち、背骨や椎間板に負担をかけないといったやり方もありますね。このストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)はごく簡単なので、是非一度試してみて下さい。まず、床に座り、両足が「ハ」の字になるように開きます。次に、右足を曲げて、左膝の一番高いところあたりに左足のつま先部分がくるように、足の裏を左太ももにくっつけるとなっているんです。そして、そのまま前屈するような感じで、息をゆっくり吐きながら、上半身を倒していってください。この時、左の脹脛にぴんと突っ張りを感じるのだったら、ちゃんとストレッチ(無理に行ったり、間違ったやり方で行うと、逆に筋肉や腱を痛めてしまうこともあるでしょう)可能なのでいる証拠ですよ。これを両足それぞれ、30秒続けます。あまり痛みを感じるようであれね、無理しない程度に行ってくださいね。それに、お医者さんからの診断を受けた上で、ストレッチを行っても良いか確認した後に行うようにすることも大切なんですね。やはり、働いていると、毎日長時間同じ体勢を知らぬうちに取って、背骨などに負担をかけいます。このストレッチを一日1回でも行うだけでも、かなり負担が軽減されるのですよー